京都府のキャラ「まゆまろ」異例の改造か ゆるキャラグランプリを受けて

京都府のキャラ「まゆまろ」異例の改造か ゆるキャラグランプリを受けて

写真拡大

京都府のゆるキャラ「まゆまろ」

 「ゆるキャラグランプリ2012」で、京都府の公式キャラ「まゆまろ」が865体中82位に終わったことを受け“改造案”が浮上している。隣県の「ひこにゃん」や「せんとくん」などの人気キャラにライバル心を燃やすが、胴回り約350センチの巨体には「ダイエットが必要」との声も。

 まゆまろは、昨年秋に京都市などで行われた「国民文化祭」のイメージキャラクターとして、平成21年10月、公募で誕生した。府から「広報監」という役職を与えられ、府の公式キャラクターとなった。

 高級織物の西陣織を羽織り、つぶらな瞳が特徴の癒し系。一部に熱烈なファンがいるという。

 だが、背丈約170センチ、胴回り約350センチと大きめの体形が玉にキズ。知事応接室に入れず、山田啓二知事から「ぶたまん」とからかわれたり、愛(あい)嬌(きょう)を振りまくと幼児が泣き出すことも。山田知事は「グランプリで50位以下なら改造」と言い渡していた。

 「人気のゆるキャラが駆けつけるとそれだけでイベントが盛り上がる」と府の担当者。大学構内や大型交差点で辻立ちをするなど、グランプリでの上位を目指し、まゆまろもどぶ板戦術を展開した。しかし、結果は府内では1位を確保したものの、全国では82位に終わった。

 グランプリの結果を受けて山田知事は記者会見で、「結果について目くじらを立てるつもりはないが、大きすぎて動けない。ダイエットを考えるしかない」と言及。

 担当者は、サイズを小さくしたり、握手しやすいように指を作ったり、ほっぺたに赤い丸を入れるなどの案を練っているが、改造にも費用がかかるだけに、「実現するかどうかは分からない」としている。(栗井裕美子)





http://news.livedoor.com/article/detail/7272639/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。











坂田劉生 転職

| 日記

【イタすぎるセレブ達】これぞ愛の力? 『glee』のコリー・モンティスがリア・ミシェルのために9kgの減量に成功!

【イタすぎるセレブ達】これぞ愛の力? 『glee』のコリー・モンティスがリア・ミシェルのために9kgの減量に成功!

写真拡大

彼女のために減量したコリー・モンティス
大好きな恋人が出来ると相手にふさわしくなりたいと美貌に磨きをかけ努力するのは、キム・カーダシアンのような女性だけではないらしい。人気ドラマ『glee』で活躍中のコリー・モンティス(30)もまた、彼女に似合う男性になりたいとダイエットしていたことが分かった。



現在アメリカでシーズン4が放映中の人気ドラマ『glee/グリー』。中心人物を演じるレイチェル役のリア・ミシェル(26)とフィン役のコリー・モンティスは、同ドラマでのカップル役がそのまま私生活にも反映された恋人同士だ。付き合いはじめの頃は、リアの方がコリーに夢中といった温度差が危惧されたが、どうやらコリーの愛も相当深いものであったようだ。というのもコリーがリアのためにダイエットを開始し、約9kgの減量に成功していたからである。



米芸能誌『InTouch』によると、もともと太りやすい体質のコリーは今年の初めにその体重がMAXに達したという。その後2月頃にデートが発覚し世間に恋人であるとオープンしてから、コリーはリアを実家に連れて両親に会わせたところで転機が訪れた。コリーの両親がリアの前で、息子の太った体型についてジョークを放ってしまったのだ。これには男のプライドがズタズタに傷ついたのだろう。リアは「どんな体型でも、あなたのことが好き」と慰めたそうだが、コリーは頑なにダイエットを決意。そしてエクササイズを開始し、ビーガンでオーガニック志向のリアにならって食生活をも変え、見事成功したのだ。



現在はスッキリとした体型で、リアの横で自信に満ちあふれる笑顔をみせるコリー。「今の体型にとても満足している」というコリーだが、「どんな体型でもいい」といったリアが一番、コリーのダイエットの成果を喜んだに違いない。

(TechinsightJapan編集部 ピーリング麻里子)



http://news.livedoor.com/article/detail/7107994/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。















転職

| 日記

太り方もダイナミックなレディー・ガガ 体重なんて気にしないけど、スポンサーは大事

 一気に体重が12キロ以上増えた、世界の歌姫レディー・ガガ。今後の彼女の発するメッセージや行動は、さらに気になるところだ。



 世界的な人気を誇るアメリカの歌姫、レディー・ガガ。その一挙手一投足には、常に注目が集まる。そんな彼女、今秋は特殊メイクかと見まがうばかりの激太りが話題となった。



 本名ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ、1986年生まれの彼女は、ステージネーム「レディー・ガガ」でおなじみのアメリカのミュージシャンだ。26歳にもかかわらず、稼ぎっぷりは桁違い。フォーブス誌によると、昨年5月から今年5月までの収入は5,200万ドル(約40億7,200万円)だそうだ。ただし、一方で衣装やステージなどパフォーマンス費用も莫大(ばくだい)な額だといわれている。



 また彼女は親日家として有名だ。先の東日本大震災の際も、いち早く自身がデザインしたブレスレットを発売。150万ドル(約1億2,000万円)以上となった収益の全額に加え、個人的にも1億円以上を寄付した。



 そして何よりも奇抜なファッションで世界の注目を集めている彼女だが、今回の欧州ツアーでは、本人曰く「体重が12キロ以上増えた」とう容姿の激変が話題をさらった。理由は、今年2月ニューヨークにオープンした両親経営のイタリアンレストラン「ジョアン・トラットリア」での食べ過ぎだという。



 店名が父親の妹や、母親(ジョアン・シンシア)、そして彼女自身にも共通する名前に由来するといわれる同レストランでは、おいしくてつい、あれこれ食べてしまうと彼女は語る。しかし、米国の口コミサイトでは、悪くないとの意見がある一方で、「ゼッポレ(ピザ生地に生海苔を混ぜ、油で揚げたイタリアの名物料理)は12ドル(約940円)もするのにまずい」「ラザニア(26ドル・約2,040円)や、ミートボールパスタ(24ドル・約1,900円)は、評価に値しない」などと酷評が並んだことでも、話題を呼んだ。



 太ったことに対しては、特別意に介さぬ彼女だったが、おかんむりなのはスポンサーサイド。特に来年の北米ツアーで契約を交わした健康飲料メーカーのレッドブルは、商品のイメージに合わないと怒り心頭で、痩せなければ契約解除の上、違約金10億円と通達した。この内容に、さすがの彼女も重い腰を上げダイエットに励むようだ。



 大方の意見は、ストレスによる過食が原因とされる今回の激太り。薬による服用や妊娠説まで取りざたされているが、果たしてこれから、彼女が発するメッセージは。いずれにしても、また世界をあっと驚かせてくれるだろう。







■記事全文へ



http://news.livedoor.com/article/detail/7063790/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。















坂田劉生

| 日記
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。